健康になるおまじない①《おまじないシリーズ》

更新日:

jill111 / Pixabay

全国各地の対面占いを調査!本当に当たる占いを紹介!

健康になるおまじないを紹介します!

不眠を治すおまじない

美容の大敵は睡眠不足。睡眠不足は腸の働きを低下させて便秘や肌荒れを引き起こしたり、健康的にもよくありません。

ストレスの多い現代、眠りたいのに眠れないといった不眠症の悩みがふえています。

仕事や勉強のしすぎで、疲れていても、神経が高ぶっているために朝まで眠れないとか、深夜テレビなどの見すぎで眠れない人たちが多いのです。

また、眠れないからといって睡眠薬を飲んで眠るのは、体に害があり、とても危険なことです。

薬などに頼らないで、リラックスして眠りにつくために、次のようなおまじないを実行することをおすすめします。

①「眠ろう、眠ろう」と考えると、かえって心理的に緊張が高まり、眠りにつけません。

人間一日眠らなくても病気にならない、一日眠らないでいれば自然に眠れると自分に言い聞かせるのです。

そして、眠りたいと思うまでベッドに横にならないこと。

②ベッドに入ったらテレビを見ないこと。

手持ちぶさたなときは、自分のお気に入りの作家のエッセーを読みましょう。

③15分たっても眠りにつけないときは、起きて何かをするのではなく、あおむけになって組んだ両手をおなかの上にのせて、深呼吸してリラックスします。

このとき、目は閉じてください。

④眠る前には毎朝決まった時間に目覚ましをかけ、どんなに疲れて眠くても、その時間に起きるようにします。

⑤睡眠の自分なりのリズムをつくります。

たとえば夜11時にベッドに入り、翌朝は7時に起きるというように、きちんとしたリズムをつくることがたいせつです。

⑥眠る前、ぬるめのお風呂にゆっくり入ると血行がよくなり、気持ちもリラックスして安眠につながります。

好きな香りの入浴剤を使うとなおいいでしょう。

⑦ベッドの周囲のゴミや不用品を片づけ、スッキリさせておくこと。

⑧波の音や雨の音などの環境音楽を静かに流す。

以上の①~⑧の項目を実行すれば、必ずおだやかな眠りにつけます。

熟睡をもたらすおまじない

あらゆることを試してもなかなか寝つけないときは、このおまじないが効きます。

目を閉じたまま両手をおなかの上で組み、「これまでにいちばん楽しかったこと」「いちばんうれしかったこと」を思い出します。

このとき、全身から力を抜いて、リラックスするのがコツです。

そして心の中で、「眠りの精よ、あんなに楽しい時間をありがとう。今は、私に静かな眠りをください」と唱えます。

いつの間にか、あなたは深い眠りについているはずです。

乗り物に酔わなくなるおまじない①

「乗り物酔いにいちばん効く魔よけはうさぎ」と知っていましたか?

車や電車、飛行機、船などに乗る日の朝、バッグにうさぎがらみの小物を忍ばせていきましょう。

うさぎの携帯ストラップやキーホルダー、ぬいぐるみ、ブローチなど、なんでもかまいません。

もし何もなければ、紙にうさぎの絵をかいてもいいでしょう。

そして、乗り物に乗っているうちに不安になってきたら、そのうさぎをグッと握りしめ、「ウタワナイウサギハダレノタメ、ウタウウサギハワタシノタメ」と唱えます。

心がしずまるまで、何回でも唱えてください。

これで不安がスーッと消え去り、もう酔わなくなります。

乗り物に酔わなくなるおまじない②

もう1つ、日本に古くから伝わる乗り物酔いに効くおまじないを紹介しましょう。

乗り物に乗る前に、塩を和紙に包んで小さく折りたたみ、ガーゼつきばんそうこうなどでおへそに当てておくのです。

または酢をひと口飲んだり、梅干しを1個、口に含んでから乗り込むのも効果があるといわれています。

「乗るときにこよりを鼻の穴に入れ、くしゃみを3回してから乗ると、絶対に酔わない」という言い伝えもあります。

気になる人は、自分の好きな方法を試してみてください。

しゃっくりを止めるおまじない①

どうしてもしゃっくりが止まらないときは、このおまじないを試してみて。

湯飲み茶碗に水を入れて、その上に箸を十字におきます。

そして、箸を落とさないように手でおさえながら、四方から左まわりに水を飲み、4回目で水を飲み干します。

これで、じきにしゃっくりが止まるはずです。

しゃっくりを止めるおまじない②

口の大きいグラスに冷たい水を注ぎ入れ、その表面に「寺」という字を3回書いて、その水を3口で飲み干します。

水が飲めないときは、口の内側のほおの左側に、「宗」という字を舌で3回書きます。

または、「休息万命如律令(きゅうそくばんみょうにょりつりょう)くさめくさめ」と唱えるだけでも効果があります。

手足のしびれをとるおまじない

長く正座していると足がしびれてしまい、立とうとしても思うように立てずに、大事な席で恥をかいてしまうことがあります。

そこで、足がしびれたときのおまじないを紹介しましょう。

「もくさい」という呪文を5回、息もつかずに唱えます。

そして、かかとからひざに向かって、5回なであげます。

すると不思議なことに、たちまちしびれがおさまってしまいます。いざというとき、やってみてください。

 

日本最大級の本当に当たる占い

恋愛・仕事・相性、当たると口コミで評判の占い!
全国の占い師に手軽に相談出来る実績№1占い【無料鑑定占い付き】

恋愛に悩む占い好き女子が最後に行きつく、20~40代女性に大人気の占いです!全国どこからでも占いができます!

▶口コミ10万件の実績№1 当たる占いはこちら

おすすめ記事

1

あの人の気持ちがわかり、未来へと優しくアドバイスをくれる占いサイト★スピリチュアルな目次1 あの人の気持ちがわかり、未来へと優しくアドバイスをくれる占いサイト★2 当たる電話占いランキング★口コミ・評 ...

2

一般的には知られてません!他言無用です。スピリチュアルな目次1 一般的には知られてません!他言無用です。2 めちゃくちゃ当たる占いとは3 どの占術も得意、不得意なことがあります。4 そんな人の為、めち ...

3

▷全国各地の対面占いを調査!本当に当たる占いを紹介! 2017年 当たる占いの選び方【恋愛占い】スピリチュアルな目次1 2017年 当たる占いの選び方【恋愛占い】2 当サイトでオススメしている電話占い ...

4

▷全国各地の対面占いを調査!本当に当たる占いを紹介! 霊視が出来る霊能力者の中には、メールのみに対応されている方がいます。スピリチュアルな目次1 霊視が出来る霊能力者の中には、メールのみに対応されてい ...

-おまじないガイドブック

Copyright© 当たる占い開運24の部屋|全国の占いを徹底調査 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.