七夕は願いごとが叶うおまじない 不思議な行事です。

悩み別のオススメ占い師

相談できない複雑な恋愛占いなら専門家へ

怖いほど当たる復縁占いなら復縁できる 波動修正や念術で復縁成就。

>日本で一番復縁できる霊能者はこちら

不倫は歓迎される恋愛ではありません。

だからといって説教されたり否定的な意見ばかり言われても納得できませんよね。

>不倫の悩みならこの人!この先うまくいく占いはこちら

片思いで辛い思いをしているなら

>片思いを成就したいならこの占い師

結婚したい・・・時期は・・今の彼と結婚できる?

>結婚占いのエキスパート

彼の本心を知りたい時は

>彼の気持ちを確認してくれる霊能者

恋愛・仕事の悩みはこの占い師

驚異の的中率!毎日沢山の人を鑑定しているので経験値が違います!

>>よく当たる占い師はこちら

おまじないガイドブック 悩み

更新日:

7月7日は七夕です。

381

日本人にとって馴染み深い行事で織姫と彦星が、年に一度だけ天の川を挟んで出会える日ということで、笹の葉に願い事を書いた短冊をくくりつけます。

願いごとする行事として幼稚園や保育園からやっている行事です。

不思議な行事ですよね。
そもそも七夕の由来はなんでしょう。

七夕の由来

織姫と彦星伝説

これが一番メジャーな由来だと思います。

琴座のベガは織女(しゅくじょ)星と呼ばれ、裁縫の仕事を司ったおり、わし座のアルタイルは牽牛(けんぎゅう)星と呼ばれ、農業の仕事を司っています。

この2つの星が旧暦の7月7日に天の川を挟んで最も輝くため、年に一度の巡り合いの日と考え、七夕ストーリーが考えられたと言われています。

棚機女の行事

古来より日本では「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれる、禊(みそぎ)の行事が行われていました。

お盆の前に行われることから、先祖の霊を祭る前の禊の行事だと言われています。

7月6日に選ばれた乙女は、清い水辺にある「機屋(はたや)」にこもって、神様のために心を込めて着物を織ります。

そして、翌日の7日の夕方に禊をします。

この行事が7月7日の夕方に行われるため、「棚機」から「七夕」に変わったと言われています。

乞巧奠(きこうでん)

古代中国の宮廷行事で、7月7日に織女(しゅくじょ)星にあやかって、はた織や書道、お裁縫などが上達するようにと、お祈りする風習から生まれました。

祭壇に針や糸を供える風習もあったようです。

 

そして七夕といえば、短冊に願い事を書きます。

小さいころは『大きくなったらサッカー選手になる』とか『○○になれますように』とか書きましたよね。

実はちょっとしたことで、この願い事が叶うようになる短冊の書き方があります。

それは、「~になりますように」と書くのではなく、「~になる」と断言するといいのです。

神様にお願いごとをするときなどと一緒です。

あとは感謝の気持ちを忘れずに!

最後に小さい時に七夕でお願いしたことが叶った人いますか?

覚えてない人もいるでしょうし、実際にかなった人もいるでしょう。

それとも叶ってない人がほとんどだと思います。

しかし今なら願い事がかなう方法はいくらでもあります。

その他のおまじない

おまじないで会える方法。好きな人にも会えます!

《おまじないシリーズ》好きな人に告白されるおまじない Ⅱ

《おまじないシリーズ》好きな人に告白されるおまじない

《おまじないシリーズ》両思いになれるおまじない

《おまじないシリーズ》復縁できるおまじない7選

こちらも一緒に読まれています。



初めてでも安心

対面占いもいいけど、電話占いはもっとおすすめ!
でも不安がある人もいますよね。

電話占い初心者必読!初めての電話占い

電話が苦手なら、メール占いもできます。

よく当たるメール占い

どこの電話占いがおすすめ?

当たる電話占いランキング★口コミ・評判をリサーチ 初回限定特典付き

占い体験談募集中

あなたが占いで体験した生の体験談投稿してみませんか。

同じように占いを利用している人の参考になりますし、同じような悩みやトラブルを抱えている人の心の支えにもなります。

是非あなたが実際に体験なさったことを、自分自身の言葉で書き込んでみて下さい。

口コミ投稿はこちら↓
口コミ体験談投稿フォーム

対面占いのクチコミ

※口コミをする人は各ページ最後のクチコミ欄へ

最近のコメント

スポンサードリンク




-おまじないガイドブック, 悩み

Copyright© 当たる占い開運24の部屋|全国の当たる占いを徹底調査 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.